SOCO/AO RECRUIT 2018

Staff Voice

「美容師とはこういうもの」という固定概念を捨て、新しい働き方を。

Assistant
岩泉 元治Motoharu Iwaizumi

SOCO/AOで働く魅力は?

実際に入って働いてみた感想としては考え方の幅が広いな、と。
僕のイメージでは「美容師とはこういうもの」という固定観念で働いているイメージがあって、これいらないんじゃないか?とか、無駄なんじゃないか?とか、効率悪いな、と思うことが多々あったのですが、SOCOに入ってからは常に効率や生産性を追っていけるし、みんなそれに向かってやっているので最短で目的地にたどり着けます。
やるべきことが明確になっているので、自分がやっていることに対して疑問や迷いがないというのが一番の魅力だと感じました。

SOCOの雰囲気は?

伝わりやすく言うなら「仲が良いな」という印象です。
いい意味で馴れ合いとかじゃなく「仲が良い」
僕の立場で言っていいのかわからないですけど笑

指摘されることも私情なしに本当に「指摘」
今までの経験だと、仕事でミスしたりすると感情的にイライラしている先輩から怒りをぶちまけられて、サロン内でも「あの先輩苦手」みたいなのができちゃったりとかがあったのですが、SOCOではそれが無い。
基本言われる事に理由と裏付けがあるので変な意味で関係性が悪くならないし引きずらない。
だから普段の仕事の中でも面倒くさい感じにならずに仕事に向き合える。
そういった意味での「仲が良い」ということです。

入社した決め手は?

自分は中途採用で入ったのですが、ブログを見てわくわくドキドキしてSOCOに行って、雰囲気が良かったので入りたいと思いました。

以前とは時代が変わって、低単価や面貸しのお店も増え各個人が自由に働き方を選択できる時代になり、個人的には組織の強みって薄れつつあると思っています。
あとは例えば歩合が低くて結局「オーナーの一人勝ち」みたいなお店って多いと思います。
そんな中でSOCOのブログを読んで、組織としてのビジョンとか、ロジカルな視点とか。考え方が新しく、いろいろオープンにしていて。
そういった点に共感しました。

あと僕はモードっぽい感じよりストリートでの影響力に魅力を感じるのですが、SOCOのスタイルはクリエイティブの撮影をやってもあまりバキバキのモードすぎないというか、今っぽい空気感を取り入れつつ影響力のあるスタイルを作っているのが魅力だと感じました。

SOCO・AOの教育制度は?

スタイリストになるまですごく時間がかかるお店ってあると思うんですけど、一概にアシスタント期間が長ければ良いって訳じゃないと思っています。
自分自身前の店を辞めたあと自宅で友達の髪を切っていたのですが、すごく勉強になりました。
やはり実際にやってみないと自分で考えないし、上達するにも時間がかかる。
SOCOでは実践的にどんどんモデルを入れて技術を習得できるので効率的だと思います。
今スタイリストデビュー前ですが、2ヶ月で100人のカットモデルを入れて3月中旬にはスタイリストデビューしたいです。

今まで大変だったこと辛かったこと。

辛いのは当たり前だし大変なのは当たり前だと思って美容師になったので特に思い当たるところはないですね。
飲みに行った次の日とか夜更かしした次の日が辛いとかはありますけど笑
忙しさに関しても慣れれば特に。 忙しければ忙しい時の仕事がスタンダードになっていきますし、基準が上がるというか慣れます。
自分がスタイリストになったら忙しくてご飯たべれないとかもあるかもしれませんが、売上を上げたいし、知った上で望んでこの業界入ったので。

強がりとかではなく、正直あまり辛いと思ったことはなかったですね。

今後の目標は?

自分の中で好きなものを発信できるのが美容師の良いところだと思うので、やはり影響力のある人になりたいです。

SOCO/AOのスタイリストを見ていて思いますが、それぞれスタイリストごとに特色があって、おしゃれなお客様が多いスタイリストやメンズのパーマが強いスタイリストがいたり。

今のところ自分の色みたいなのは明確になっていないのですが、これから自分の特性を発見し影響力のある美容師になりたいです。