SOCO/AO RECRUIT 2018

Staff Voice

キラキラした気持ちを崩さないように。

Assistant
菅原 由香梨Yukari Sugahara

SOCO/AOで働く魅力は?

中途で入社して以前のお店と比較できる状態ではあるのですが、一番の違いはスピード感だと思います。
以前だと練習とかその他でも無駄だと感じてしまう面があって、少し考えればわかるはずの無駄が「前の先輩たちもやったんだからやらなくちゃいけない」とか。そういう考えでやるからスピード感が全然なくて、、どうなんだろうな?と思うことがたくさんありました。
SOCOに入って自分の頑張り次第でどうとでもなる領域がたくさんあって、自分次第だなというところが大きく違いました。
それ以外にもセンスある先輩がたくさんいるので、撮影だったり、雑誌の仕事だったりを間近で見て吸収できるのがSOCO/AOで働く魅力だと思います。

SOCOの雰囲気は?

一人一人がすごく近いと思います。

人数はだんだん多くなってきているのですが、一人一人が密に仲がよかったり。実際お客様からそう言われることも多いです。やはり雰囲気は良いと思います。
もちろん上下関係の礼儀とかはあるのですが固すぎないフランクな部分もあったり。
そういったところはスタッフ同士みんなうまく理解してできてるんじゃないかと思います。

入社の決め手は?

私がSOCOを知ったのがインスタグラムからで、第一印象でSOCOが作るスタイルが好きだというのがありました。それからホームページを見たりして、実際にお客さんとして行ってみて、いろいろ話しを聞いてみて。
私は中途だったので同世代の美容師より進みが遅くなるだろうなという危惧はありました。
早くスタイリストになりたいと思っていて、お話を聞いた中で自分の頑張り次第で自分のステージを上げてどんどん成長できる環境があるな。と思ったことが入社の決め手となりました。

SOCO・AOの教育制度は?

きちんとしてるけど回りくどく硬い進み方をしていないなと思っています。
以前いたお店だと、全員のスタイリストにチェックしてもらって、一人だけバツがついたら次に進めなくて何ヶ月も時間を無駄にすることがあったのですが、それだと経験できる幅がどんどん減るし、時間もかかるな、と思っていました。
SOCOの練習だと基本と実践のバランスで、実践に比重を置いているので回りくどい練習がないというのはスピード感があってすごく良いと思います。

今まで大変だったこと辛かったこと。

同期が2名いるのですが、他の同期がカットモデルをどんどんやっていたり、自分とは違う領域で力を発揮しているのをみると自分と比べちゃったりとか変にライバル心を待っちゃったりして。
関係性に出るわけではないのですが、自分の中で気持ちの消化をどうしようかというところでの悩みなんかはありました。

他に体力的な部分では、最初入って一ヶ月くらいは毎日カラーモデルを入れていて、日々終電だったりで体力的に大変だった気がします。その反面「美容師やってるな」感があったので苦ではなく楽しかったです。

仕事において大切にしていること

自分を分析して長所ってどこだろうって考えてみると、接客だったり、お客様と明るく話せることが一番に出てきます。
SOCO/AOはお客様との距離が近いな。という印象が入りたての頃から私の中であるんですけど、今まで働いてきたお店や実際自分がお客さんとしていったお店の中でもこういう雰囲気のお店はなかったなと思います。
そういった雰囲気は自分発信でどんどん作っていきたいなと思っているので、新しいスタッフが入ってきても今の空気感は受け継いでいってもらいたいなと思います。
あとSOCOのブランド感だったりは今後も作っていきたいと思っています。
立地的に代官山や表参道にあって、お客様もキラキラした気持ちできてくださるわけで、自分の服装や立ち振る舞いもしっかりオシャレして、プロ感を持ってお客様のキラキラした気持ちを崩さないようにプライドを持って仕事をしていきたいです。

これからどういうスタイリストになりたいですか?

スタイリストになってからはお客様から支持され、愛される美容師になりたいということが一番ですが、撮影とかもたくさんやって「私を切ってくれている美容師さんってこういう人なんだよ」と言ってもらえて自慢できるような美容師になりたいと思っています。

業界紙だったり一般誌とかもチャンスがあるならどんどんやっていきたいと思っています。撮影をしている瞬間はすごく好きですし、アシスタントのうちからやらせてもらえるところは少ないと思うんですけど、今自分で撮影とかやらせてもらえて、どんどん数をこなして自分の好きなことを表現していきたいと思っています。